home | What's New | プラン千葉とは | イベント&報告 | 連絡先とアクセス | ボランティアや支援


  

 

イベント&報告


 

↓過去↓


秋の例会(第17回目)を行いました。
【日時】 2017年10月15日(日)13時30分~16時00分
【場所】 千葉市市民会館

今回もチャイルドへのお手紙書きと、当会メンバーの田村さんのユニークなお話しが行われました。
お手紙書きは、参加者それぞれが「折り紙で作成した花」を飛び出すブーケカードに仕立て、
思い思いの言葉を添えチャイルドへ送りました。
田村さんから、マララさんの12歳から18歳までの活動や出来事をビデオ等により紹介して頂き、
同時に参加者それぞれの同じ年代にどのような出来事があったか思い出しながら懇談しました。
また、主にアフリカを中心に行われる風習である女性器切除の問題について意見交換を行いました。

 
 
 



国際フェスタCHIBA
【日時】 2017年5月27日(土)10時00分~15時00分
【会場】 神田外語大学、第13回幕チャリフリーマーケットと同時開催
プラン千葉では、5月27日(土)幕張にある神田外語大学で開催された
国際フェスタCHIBA2017にブースを出展して、プランの活動紹介などを行いました。
当日は天気も良く、来場者もたくさん来られました。
毎年恒例のこのイベントでは、来場者の関心が高く、プランについても熱心に聞いていただきました。

 
 






春の例会を行いました。
【日時】 2017年4月9日(日)13時30分~16時00分
【場所】 千葉市市民会館
今回も「お手紙書き会」を開催しました。
今回は、他地区のプラン支援者の会で考案されたカラー封筒を活用した
「鯉のぼり」に、参加者が思いに思いにチャイルドに思いを込めた絵を
描き贈りました。
お手紙書き会のあと、プラン千葉の田村さんから試験問題の一例を引き
合いに「国際支援の在り方」について提起がなされ、参加者全員で意見
交換しました。

 
 
 





秋の例会を行いました。
 【日時】 2016年10月16日(日)13時30分~16時30分
 【場所】 千葉市市民会館


 
 
 
 
 
 
 
 





国際フェスタCHIBA にブース出展しました。

【日時】 2016年5月29日(日)10時00分~15時00分
【場所】 神田外語大学

国際フェスタCHIBAが、千葉市海浜幕張にある神田外語大学にて開催されました。
当日は夏日を思わせる好天に恵まれ、同時開催のフリーマーケット(幕チャリ)の効果もあり、
多くの来場者で賑わいました。

プラン千葉からは、6人の会員がブース出展に参加し、
プランジャパンの活動内容を紹介しました。
今回も途上国の女の子達の中には十分な教育を受けられず、
自分の意志に反した早すぎる結婚や出産があることを伝えた展示と説明に、
親子連れのお母さんお父さん、学生等の若い方からご年配の方々に多くの共感をいただきました。

共感を頂いた皆さんの中には Because I am a Girl のアクティビティとして、
「 Because I am a Girl のプラカードを手に撮影した写メ」をSNSへ
の投稿していただくご協力もありました。

また、熊本地震災害、エクアドル地震災害への緊急募金にも多くの方ご賛同をいただきました。
国際フェスタCHIBAは千葉県内にて毎年開催され、プラン千葉は2010年度から
毎回ブース出展しています。




春の例会を行いました。
 【日時】 2016年4月10日(日)13時30分~16時30分
 【場所】 千葉市市民会館

(1)ネパール緊急支援の現状報告
  プラン・ジャパン専務理事の鶴見さんより、昨年4月25日にネパール
  で発生した大地震に向けた災害緊急・復興支援の現状について報告
  をして頂きました。
  現地では、政治的な問題や支援地域が山岳部であることから思うよ
  うな支援活動ができませんでしたが、現地の日本大使館及び各支援
  団体との密接な連携調整を行えたことで、プラン・ジャパンの支援
  活動の効果を高めることができました。活動内容については、優先
  事業6項目(子どもの保護、教育、居住環境の確保、妊産婦・新生
  児・子どもの健康、現金収入環境の提供、防災と減災の教育)を柱
  とした支援の取り組みについてお話しをして頂きました。
  引き続き、国際NGOプランの全体戦略の進捗状況について、また
  7月からプラン・ジャパンの名称がプラン・インターナショナル・
  ジャパンに名称変更されることの経緯について、お話しをして頂き
  ました。
  質疑応答では、日頃疑問に思っていることについて、内容の濃い意
  見交換が行われました。

(2)ミニ世界一大きな授業
  プラン千葉の田村さんより、マララさんが国連で演説された言葉の
  面白い試みが行われました。

(3)お手紙書き会
  プラン千葉メンバが考案した男の子向けに「ブンブンこま」、女の
  子向けに「ブレスレット」を参加者と共に悪戦苦闘しながら作り、
  参加者が用意されたお手紙と共にプラン・ジャパン専務理事の鶴見
  さんに託しました。

(4)次回 2016年10月16日(日)13時~ 千葉市民会館

(5)その他
  5月29日(日)開催の国際フェスタCHIBA (プラン千葉が参加予定)
  場所 神田外語大学 千葉市若葉1-4-1 JR京葉線 海浜幕張駅徒歩15分






秋の例会を行いました。
【日時】 2015年10月18日(日)13時~16時
【場所】 千葉市文化センター
(1)バングラデシュにおけるプランの活動例
  プランジャパン職員の方から、学校を中心にトイレ設置と衛生知識の啓発
  活動により住民意識の向上に役立ったとのお話しをして頂きました。
(2)お手紙書会
  プラン千葉メンバ考案の飛び出す絵ハガキを、参加者と共に悪戦苦闘
  しながら作り、そのハガキの送付をプランジャパン職員に託しました。
(3)次回 2016年4月10日(日)13時~ 千葉市民会館






国際フェスタCHIBAに参加しました。
【日時】 2015年5月24日(日)10時~15時
【場所】 神田外語大学 in 幕張

プランジャパンの活動内容を紹介しました。
好天に恵まれ多くの来場者があり、外国人ご夫妻、親子連れのお母さん、
ご年配の方々や開催大学の学生さん等からは、
途上国での女の子達の置かれている実態として、
教育を受けられないこと、自分の意志に反した早すぎる結婚や
出産があることに多くの共感をいただき、
Because I am a Girl ポスター一面に
支援の意思表示のイニシャルを記した付せん紙を貼っていただきました。
また、ネパール地震災害への緊急募金にも賛同いただきました。
プラン千葉からは6名の会員が参加しました。










春の例会を行いました。
【日時】 2014年4月12日(日)13時~16時
【場所】 千葉市民会館
(1)世界一大きな授業を行いました。
 世界一大きな授業とは?

 世界100カ国以上の子どもたちと一緒に教育について考える世界規模のイベントです。
 世界の教育の現状を世界中で同じ時期に学び、教育の大切さについて考えるイベントです。
 今年も世界100か国以上で開催し、参加者の声を各国政府に届け、
 教育政策に反映するように働きかけます。
 「すべての子どもに教育を」を合言葉に2003年にスタートし、2008年には885万人が参加、
 ギネス記録にも認定されました。
 日本でも2014年には約7万人が参加しました。学校に通えない子どもたちの現状を知り、
 日本の私たちにできることを考えてみませんか?

 主催::教育協力NGO ネットワーク(JNNE)
 共催::プラン・ジャパン

 正解一大きな授業で使用する教材を使い、支援国と被支援国の2つのグループにわかれ、、
 ロールプレイを行い、何が本当に支援が必要なのかを考えました。
 また、支援を行う上での課題や具体的な支援内容について、今回は日本の外務大臣に
 このような支援を行うほうが良いのではないかと言う手紙を書きました。
 世界一大きな授業に興味がある方は、教育協力NGO ネットワーク(JNNE)
 のサイトを御覧ください。

(2)お手紙を書こう。まだ手紙を書いたことがない人でも、
 ギフトとして男の子のチャイルドには妖怪ウオッチのバッチ、
 女の子のチャイルドには髪留めを作りました。

 
 
 
 





自主映画上映会を行いました。

【日時】 2014年12月17日(水)18時半~21時
【場所】 千葉市民会館
平日の夜開催にもかかわらず30名の方が出席されました。
プラン・ジャパンの紹介に続いて、
「Girl Rising~私が決める、私の未来~」
を上映しました。

プラン千葉の会員以外の方もHP等で開催を知り、参加くださいました。
当日、電話でのお申し込みいただき、参加された方もいらっしゃいました。
一人での参加予定だった方も急遽他の方に声をかけて、
一緒に会場にお越しくださいました。

【映画解説】
生まれた環境やタイミングによって、女の子たちを待ち受ける高くて非情な壁。
映画 『Girl Rising ~私が決める、私の未来~』 は、
早すぎる結婚、震災、貧困、カムラリ家事使用人、性的虐待、
女子教育を阻む様々な障壁など,世界の女の子が直面する状況、
そして彼女たちの持つ可能性が描かれています。

映画には9カ国から9人の女の子が登場。各国出身のディレクターが、
自国の女の子を取材し、全て実話に基づいて制作しました。
7人は本人が登場しますが、事情により顔を見せられない2人のストーリーは、
他の女の子が演じています








国際フェスタCHIBAに参加しました。
【日時】 2014年10月5日(日)10時~15時
【場所】 麗澤大学 in 南柏
プランジャパンの活動内容を紹介しました。
あいにくの雨模様で来場者は余り多くありませんでしたが、
親子連れのお母さんや開催大学の学生さんからは、
途上国での女の子達の置かれている実態として、
教育を受けられないこと、自分の意志に反した
早すぎる結婚や出産があることに、多くの共感をいただきました。







秋の例会を行いました。
【日時】 2014年10月5日(日)13時~16時
【場所】 千葉市民会館
(1)プラン・ジャパン 佐藤事務局長にプラン・インターナショナル
 およびプラン・ジャパン、ブルキナファソ出張報告の講演をしていただきました。
 プランの組織がどのようになっているのか?
 支援先や支援内容をどのようにきめているのか?
 支援先を撤退するのはどのような時か?
 撤退後の継続調査などの話しをしていただきました。
(2)お手紙を書こう。まだ手紙を書いたことがない人でも、
 簡単に手紙を書けるようなひな形を準備しました。
 もちろん、各自のオリジナルの手紙も作成しました、
(3)在日ブルキナファソ大使館 Mr. Nana 一等参事官に、
 ブルキナファソの紹介をしていただきました。
 プランでは50カ国で活動を行っています。
 その内の一つ、西アフリカにあるブルキナファソの現状、
 ブルキナファソの食べ物などの紹介をしていただきました。







春の例会を行いました。
【日時】 2014年月13日(日)13時~16時
【場所】 千葉市民会館
(1)お手紙を書こうでは、飛び出す手紙の作成を行いました。
(2)開発途上国の子供たちを知ろう
  映像:もう1人のマララたち~世界の女の子に教育を~
 シータちゃんの一日(プラン千葉の林さんが作成した、絵本を紹介))
  映像:スポンサーシップで村の生活が改善 ~ネパール~
 現実の村と理想の村(こいのぼり)
  映像:女の子のサッカープロジェクト ~ガーナ~







秋の例会を行いました。
【日時】 2013年10月13日(日)13時~16時
【場所】 千葉市民会館
(1)プラン・ジャパン(三軒茶屋)での「お世話人会」の参加報告
(2)お手紙を書こうでは、飛び出す手紙の作成を行いました。
この飛び出す手紙は作るのが簡単です。
参加者に非常に好評で2014年の春の例会でも作成する予定です。





国際フェスタChibaに参加しました。
【日時】 2013年5月19日(日)10時~15時
【場所】 神田外語大学




春の例会を行いました。
【日時】 2013年4月21日(日)13時~16時
【場所】 千葉市民会館

 



国際フェスタChibaに参加しました。
【日時】 2012年12月2日(日)10時~16時
【場所】 千葉県青少年女性会館
(1) Raise Your Hand ~世界の女の子のために手を上げよう!~
(2) マララさんの女子教育を訴えた活動を来場者と考える
をテーマにプランジャパンの活動紹介を行いました。

両テーマ共に、多くの方々から関心を示して頂き、大学の卒論テーマで途上国のことを書きたいと言う方、
既にチャイルドと交流している方、小中高校生の方から途上国に置かれている女の子達の実態を初めて知り支援が必要との訴えを頂きました。
他地域の支援者の会からも協力を頂きました。今回は来場者に共感して頂くことが多く、感慨深い催しでした。

 



秋の例会を行いました。
【日時】 2012年10月14日(日)13時~16時
【場所】 千葉市文化センター





春の例会を行いました。
【日時】 2012年4月15日(日)13時~16時半
【場所】 千葉市市民会館 会議室
・お手紙を書こう。今回はチャイルドにチャイルドとスポンサーの写真と紙製の写真立てを送りました。
 男の子のチャイルドには青、女の子のチャイルドにはピンクの写真立てを、チャイルドの写真を入れてお手紙と一緒に送りました。
・世界一大きな授業。2004年、インドネシアのスマトラ島沖で起きた津波の翌年に インドの子どもたちが作成した映像を鑑賞し、教育の大切さについて考えました。
 また、昨年3月の東日本大震災では多くの学校が倒壊し、避難所になるなど教育へのアクセスが阻まれ、当たり前と思っていた教育を見つめ直しました。
 さらに、野田首相へ世界の子どもたちが教育を受けるようになるには、どうしたらいいかの要望書を書きました。





新年会を行いました。
【日時】 2012年1月28日(土)18時~21時
【場所】 月の雫


国際フェスタChibaに参加しました。
【日時】 2011年12月11日(日)10時~16時
【場所】 千葉大学けやき会館、生協食堂


秋の例会を行いました。
【日時】 2011年10月16日(日)13時~16時半
【場所】 千葉市市民会館 会議室
合計25人が参加しました。

・スタンド・アップ テイク・アクションを行いました。
 スタンド・アップ テイク・アクションとは貧困を終わらせたいというメッセージを世界のリーダーたちに伝えるため、毎年、世界貧困デー(10月17日)の前後に世界中の人々が立ち上がる運動です。
 より詳細はプラン・ジャパンのサイトをご覧ください。
・お手紙を書こう。今回はクリスマスカード、ニューイヤーカードを作成しました。
・プラン千葉の林さんが描いた絵に塗り絵をしたり、龍の絵に目をつけたカードを作成しました。
・参加者のチャイルドのいる地域(アジア、アフリカ、南米・中米)ごとに別れてカード作成やお互いのチャイルドや国について交流会などを行いました。



春の例会を行いました。
【日時】 2011年4月9日(土)13時~16時
【場所】 千葉市文化センター 会議室
地震の影響もあり、参加者が減るのではと心配しておりましたが、合計21人が参加しました。

・プランジャパン 映像上映会を行いました。
 Because I am a Girl ~途上国に女の子として生まれて~
 第一部 (1)ウガンダ:エイズで親を失った少女(HIVとエイズ)
       (2)リベリア:紛争を経験した少女を訪ねて(紛争)
       (3)スーダン:スーダンの少女を訪ねて(早過ぎる結婚)
 第二部 (1)ベトナム:女の子を差別しないで(家庭における暴力)
       (2)ネパール:女の子の人身売買(人身売買)
       (3)バングラデシュ:ナズマの生活(教育・小規模事業)
 プランジャパン事務局小林様からプランの取り組みについて説明がありました。

・お手紙を書こう。今回はバースデーカードを作成しました。
・プラン千葉の林さんが描いた絵に塗り絵をしたり、著作権フリーの絵に塗り絵をしました。
・手紙を開くと飛び出すバースデーカードを販売し、売上の全額4000円はプラン千葉からプランジャパンへ東日本大震災支援金として寄付をしました。
・中国からプランジャパンに東日本大震災へ励ましのメッセージを貼ったポスターが送られてきたので、展示しました。


「グローバルフェスタChiba」にブース出展
【日時】 2011年2月6日(日)10~16時
【場所】 千葉大学 けやき会館 生協食堂など

・(財)ちばコンベンションビューロー、千葉県、JICA、ユニセフの主催、千葉大学の後援で開催された「グローバルフェスタChiba」に、プラン千葉は10名のスタッフと共にブース出展しました。
・プランジャパンから提供して頂いたポスター・パンフレット・DVD映像をもとに、プランジャパンの活動を紹介すると共に、プラン千葉で定期的に開催している「チャイルドに手紙を送ろう」等の活動も紹介しました。
・大学で開催されたこともあり、外国の方を含む多くの方々が来られ、プラン千葉の話しを熱心に聞いてもらいました。
今回の参加で、ボランティアへの関心の高さがうかがえ、またスタッフ間でも取り組みへの意識を高めようとの刺激を受けるなど大きな成果がありました。


「お手紙&連鶴を贈ろう!」の集いを行いました。

【日時】2010年10月17日(日)13:00~16:00
【場所】千葉市蘇我勤労市民プラザ 会議室
http://www.chiba-ksp.jp/soga03.html  


・参加希望者31名中、欠席者6名(ドタキャン1名)、
26名の参加者(男性:13名、女性:13名)でした。

・水野様によるインドスタディツアー報告
予定時間を大幅に過ぎましたが、パワーポイントでの資料以外に写真がたくさんあり、インドの様子がよくわかりました。
また、質問もそこそこあったので関心の高さがうかがわれました
(みんさん、やっぱり旅費を気にしていました)
スタディツアー報告の資料は、こちらで見れます。 PDF 446kb

・お手紙&連鶴作製
連鶴を初めて作る方がほとんどで、完成したときはみなさん感動していました。
ただ、私も含め男性の方は鶴の折り方も知らないので、悪戦苦闘していました(汗)。
また、お手紙を書く時間がなくなり、時間がないときに内容も浮かばないので、事前にお手紙だけは書いてきてもらえばよかったと思いました。
今回も前回と同様、自己紹介をしていただき、机を5人程度でくっつけで作業しましたので和気あいあいで作業できました。
前回(今年の春の例会)から今回までお手紙を書いていない方がほとんどだったので、例会は毎回「お手紙書き会」をやってもいいかなと思っています。
ただし、何かと混ぜてやるつもりです。

・例会の写真




「お手紙&プレゼントを贈ろう!」の集いを行いました。

【日時】2010年4月18日(日)13:00~16:00
【場所】千葉市民会館 4階第一・第二会議室
      http://www.f-cp.jp/shimin/map.html

多くの方に参加していただきありがとうございました。
当日は、スポンサーの方のチャイルドの写真を持ってきていただき、スキャナーで取り込み、プリクラにしてお渡ししました。
手紙が書きやすいように、プランジャパンのレター・ペーパーなども用意し、翻訳ボランティアの方から、手紙を書く際のアドバイスもありました。
手紙やプレゼントをおくるくとははもちろんのこと、スポンサー同士の懇志を深めることができました。
書いた手紙は出し忘れないように集いの終了時に集めて一括でプランジャパンに送りました。


2010/2/21日曜

Qiball 1階アトリウムで行われた 財団法人千葉市国際交流協会主催の

「ちば市国際ふれあいフェスティバル2010」に参加し、無事終了しました。プランノ活動を紹介したDVDの紹介や、ポスターの展示を行いました。


2009/10/18日曜

海浜幕張にて、プラン千葉の設立総会が開かれました。 参加者は38人。
開始30分前から会場入りする参加者の姿もちらほら見られ、プラン千葉への期待の高さがうかがえました。

第1部では、お世話人の前田さんより、「笑顔の種をまこう!」をキーワードに、プラン千葉を立ち上げた経緯や、プラン・ジャパンの認知度向上のための様々な広報活動をご紹介いただきました。
また、プラン千葉の運営をサポートしてくださる「お世話し隊」の皆さんも一言ずつ挨拶。
現在も「お世話し隊」のメンバーは募集中です。
条件は「フットワークが軽いこと」。
我こそは!と思う方、ぜひお世話人にご連絡ください。

第2部では、プラン・ジャパン専務理事 事務局長の鶴見より、前日まで出張していたインドでの活動報告がありました。近年著しい経済成長を遂げているインドですが、一方で都市部におけるスラムの拡大という問題があります。高層ビル群とスラム街の対比の写真が紹介され、「インドの光と影」というキーワードが印象に残る発表となりました。
また、プラン・ジャパンで支援者の会を担当する城谷から、全国の支援者の会の活動と「ミレニアム開発目標を2015年までに達成しよう!」という声を世界のリーダーたちに伝えるグローバルキャンペーン、「スタンド・アップ」をご紹介しました。

第3部では、昨年末にブルキナファソを訪問された支援者の方から、コミュニティ訪問の発表がありました。
首都から何時間もかけてチャイルドにやっと会えた話、英語⇔モシ語(現地語)⇔ロビ語(チャイルドの言葉)という通訳を介したコミュニケーションで意思疎通が難しかった話、地域の住民300人ぐらいに凝視されながら食事をした話など、写真とユーモアを交えた楽しい報告をしていただきました。

最後は、全員揃って、スタンド・アップの写真撮影。
プラン・ジャパンの「途上国の女の子に笑顔を!」キャンペーンの応援として、ピンク色のリーフレットを手に力強く立ち上がって、会を締めくくりました。

■「スタンド・アップ」で一致団結!

当日資料: プラン千葉設立総会 (PDF 242kb)

千葉の会の設立準備